BLOG

【ペルー】フレディー・デ・ラ・オーの販売を開始しました

クリーミーな口当たりでアプリコット、洋梨、ライチを感じる複雑でフルーティーな味わい。はちみつのような優しい甘さも感じられます。中深煎りの焙煎度で、とても飲みやすいコーヒーです。

アプリコット、洋梨、ライチ、プルーン、クリーミー

酸味☆☆★☆☆苦味
軽い☆☆★☆☆重い

このコーヒーは、コロナ禍で海外渡航の困難な状況にも関わらず、ダイレクトトレードを支援するTypicaとPeruのキュレーターであるCultivarの協力により日本に届いた大切なコーヒー豆です。

「本当に、Huancayo(ワンカヨ)でコーヒーが育つの?」
ペルーに住んでいる人々も驚くような場所にこの農園はあります。この農園は、標高2000mを超える場所にあり、山頂に雪が積もる場所もあるほど冷涼な気候だからです。

このマイクロロットはFredyde la Oと妻のTeodora Contreras Romeroによって作られています。彼らの農園は大きな町や都市から遠く離れており、コーヒーを最寄りの市場に届けるための高い輸送価格に苦しんでいます。

それでも、このユニークなミクロ地域の農園は、ペルー中央地域のコーヒーとはまったく異なるフレーバープロファイルを持っており、近年PeruのCup of excellenceでもこの地域のコーヒーが入賞し、注目され始めています。

私たちは数あるサンプルの中から、クリーンで甘いフルーツを感じたこのコーヒーを選びました。ぜひお楽しみ下さい。

生産国 / ペルー
生産地域 / フニン県ワンカヨ サント・ドミンゴ・デ・アコバンバ
品種 / ティピカ(90%)ブルボン(10%)
栽培標高 / 2100-2200m
精製方法 / ウォッシュト
クロップ / 2020/21