BLOG

【ミャンマー】ジーニアス ウォッシュの販売を開始しました

【ミャンマー】ジーニアス ウォッシュ 嫌気性発酵

FLAVOR COMMENT

飲み口はレモンやライムのような爽やかで、果物の口の中に入れた時のようにジューシーな酸を感じます。とろりとした甘みはまるでサトウキビや黒蜜を思わせる甘みは余韻が長く心地が良い。

低温で空気にふれないように豆を発酵させることでクリーンな味わいに仕上がっています。特徴であるサトウキビや黒蜜のような甘さをしっかりと感じられるように、焙煎度は中煎りで仕上げています(フレーバー:レモン、ライム、サトウキビ)

酸味 ☆★☆☆☆ 苦味
軽い ☆☆★☆☆ 重い

INFORMATION

ユアンガンのコーヒー産業もまだまだ発展途上ではありますが、環境に配慮した栽培手法や精製方法の導入にも取り組んでいます。今回のウォッシュドは“嫌気性発酵”という方法で仕上げられています。嫌気性発酵とは空気(酸素)に触れない状態で活動する微生物の働きで有機物を分解する発酵方法です。低温で空気にふれないように発酵させて仕上げます。

生産国 / ミャンマー
生産地域 / シャン州 ユアンガン
品種 /カツーラ、カツアイ、サンラモン
栽培標高 / 1,400 ~1,600 m
精製方法 / ウォッシュド(嫌気性発酵)
乾燥 / 天日乾燥・アフリカンベッド
Crop Year / 2019/2020