BLOG

【ルワンダ】ブンガ CWSの販売を開始しました。

FLAVOR COMMENT

クリーミーでとろけるような口当たりの良さと、オレンジやグレープフルーツのようなフレッシュさを複雑に感じられます。フローラルな香りで、シロップのような優しい甘さが長く続きます。

オレンジピール、ティーライク、グレープフルーツ、フローラル

酸味 ☆★☆☆☆ 苦味
軽い ☆☆★☆☆ 重い

INFORMATION

ルワンダ北西部ニャビフ郡に位置し、2014年COE4位などの輝かしい実績を誇るブンガCWS。2009年3月に設立され、女性主導の260人のメンバーにより構成されています。

CWSの規模こそ小さいものの、ニャビフの特徴である急峻な丘と高い標高に恵まれ、水源であるビルンガ国立公園の近くに位置するなど、コーヒーの生産に非常に適した環境にあります。

そうした元々のポテンシャルの高さに加え、2017年には新たにエクスポーターとのパートナーシップの締結し、水洗設備を一新したことで更にカップクオリティを向上させています。

【復興支援】

2020年5月、ルワンダ北部のニャビフ地区は数日間にわたる大雨が降ったことで壊滅的な土砂崩れが大規模に発生し、多くの家が流され道路も分断されました。
またこの土砂災害の影響で、ニャビフ地区のシーラとブンガの生産者コミュニティの中だけで28名もの人が命を落としました。

ニャビフ地区では農家の収入の多くをコーヒーに依存しており、また、自給自足をするための作物や家畜への被害は生産者の暮らし自体に深刻な影響を及ぼし、医療機関、市場、電気および水道など、生活に必要なインフラやライフラインも壊滅的な被害を受けたことがわかりました。

当店がお付き合いをさせて頂いている東京・三軒茶屋のOBSCURA COFFEE ROASTERSさんは、以前よりルワンダの生産者と関係が深く、
生産者さんを招いて日本でワークショップや講演会なども行っていました。私たちも以前カッピングの際、OBSCURAさんに現地の生産者さんとお話できる貴重な機会を頂きました。

今回の被害を受け、OBSCURAさんは生産農家の皆様への支援活動を始められました。私たちもささやかながら今回の支援活動に賛同し、ブンガCWSのコーヒーを仕入れさせて頂きました。
仕入れた分の一部はOBSCURAさんより生産者支援に充填されます。

優れた風味特製を持つルワンダの豆を皆さまに購入いただくことで、来期に多くのコーヒー豆をOBSCURAさんはルワンダより購入することができ、それが一番の継続的な支援になると考えています。この機会にぜひ素晴らしいルワンダのコーヒーをお試し下さい。

生産国 / ルワンダ
生産地域 / 北部県ニャビフ郡
施設名 / ブンガ コーヒーウォッシングステーション
品種 / ブルボン
栽培標高 / 1,650m~2,000m
精製方法 / ウォッシュド
内容量 / 200g