【エチオピア】イルガチェフェG1 コチャレ 100g
5b891b775496ff2ffb001f3e 5b891b775496ff2ffb001f3e 5b891b775496ff2ffb001f3e 5b891b775496ff2ffb001f3e 5b891b775496ff2ffb001f3e

【エチオピア】イルガチェフェG1 コチャレ 100g

¥650 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 中挽き(ペーパードリップなど)

  • 粗挽き(フレンチプレスなど)

【 エチオピア イルガチェフェ G1 コチャレ 】 味の印象・・・グレープフルーツや、レモンのような綺麗なシトラスを感じる酸味、プラムのような甘酸っぱさと、紅茶のような余韻を感じられます。 落ち着いた気持ちでゆっくり楽しめる、秋の始まりにぴったりなコーヒーはいかがですか? 酸味☆★☆☆☆苦味 軽い☆★☆☆☆重い ■イルガチェフェは現地の言葉で「湿地とその草」を意味し、その言葉通りこの地域は水源に恵まれ良質の水洗式コーヒーの生産に適した場所です。又、有機肥料、肥沃な土壌などコーヒー栽培に適した土地です。 ■パーチメントを発酵槽で約36~48時間発酵処理をし、1日間のスキンドライ後(水切り工程)アフリカンベッドでゆっくり12~15日間かけ通常の1.5~2倍のスロードライイングで天日乾燥で仕上げています。日差しの強い12時から午後3時までと、夜間はカバーをかけ、その他の時間は30分毎に撹拌し、均一乾燥を行い、乾燥の進行でコーヒー内の水分を均一にさせ、複雑でありながらクリーンな味わいに仕上がっています。 ※100g 以上のご購入をご希望の方は、ご注文数をご調整ください(200g の場合:100g x 2個) ▼品名 イルガチェフェ コチャレ ▼生産国 エチオピア ▼生産地域 エチオピア南部イルガチェフ地区、コチャレ地域 ▼生産者 約650名の零細農家(平均2ha未満) ▼品種 エチオピア原種 ▼規 格 G1、BNT社はSCAA評価85点以上のみの原料を調達している ▼栽培標高 1,800-2,000m ▼精製方法 ウォッシュド ▼保存方法 冷暗所にて保管下さい。 開封後はお早めにお召し上がり下さい。